FC2ブログ

久々の麒麟戦、黒で参加

さかのぼること12月2日。

homam_hands_01.jpg

homam_hands_02.jpg


都合二つ目のホマム手、げっとしちゃった。
その二日前にアスカル手貰ったばっかりなのにサーセン

ホマムマノポラ[手]防20 HP+20 MP+20 命中+4 敵対心+3 ヘイスト+3%
Lv75~ シナ暗竜青(ER
アスカルマノポラ[手]防23 DEX+5 回避+8 敵対心+4 ヘイスト+2% コンビネーション:HPmax+
Lv75~ 戦ナ暗獣侍竜(ER


アスカルはコンプリートしてナイトでガチ盾する時に使おう・・・。
どっちもそれぞれ優秀なんだけど、うまく使い分ける方法はなかなか思い浮かばない。
もっと必要な人にアスカル譲ればよかったなあ・・・と少し思いつつ。

オメガ戦のあとはフレがグスタフに篭っていたので、無言で駆けつけてみました。
言葉はなくともそこには確かな絆が・・・カコイイ!

いえ、無言でグスタフに向かって無言で誘ったら

「なんじゃ?」

って言われましたけど。

othinus_01.jpg


そして、

othinus_02.jpg


出ましたョ
とにかくここはNMが沸かなくて沸かなくて。
フレは都合10ン時間と通っていただけに、よかったよかった。


日は改まり、今度はオンゾゾに出動

molda_01.jpg

molda_02.jpg


こちらもフレのモルダバx2をゲット。2回やってドロップ100%で速攻そろいました。
このトレハンが何故空活動の時に発動しない・・・(;´ρ`)

そんなわけで、空活動でのお話。

続きを読む »

スポンサーサイト



テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム

空とか週末のいろいろ

こんにちは。

先日まで異様に肌寒い日が続いていたせいか、完全にヤラれてしまいました(´・ω・)りーすです。
ノドが痛いわHANAMIZUが止まらないわ熱は出るわで散々な週末でした。休みの日に体調崩すと、すごく悔しいけど微妙にホッとするのがムカつきますよね。これを書いてる現在も、ゼェゼェと肩で息してます。咳のしすぎで腹筋が筋肉痛です( ^ω^)

体調悪いならFFやってねーで寝てろ。
ごもっともです。
が、喘息を経験した事のある方ならおわかりでしょうが、呼吸が苦しくて体を横に倒せず、寝れないのです。さらに、何かして気を紛らわせておかないと苦しさばかり募るわけですハイ。

そんな感じなので今回の更新ではいい感じのSSを撮ろうとかそういう余裕はなかった訳で・・・お察し下さい。

土曜夜は空の日なわけですが、ちょうど体調の異変を自覚しだしたのでパールつけて挨拶したものの、空でNM取り合いとかのストレスにはちょっと耐えられそうになかったですから、タロンギでダラダラ青上げなどしていました。
いやしの風を覚えるためにキリンを1匹、2匹・・・10匹ほど狩ったところで、ストレスがマッハになりました。
こんな事ならいっそ空に行こう、と思った矢先、これから玄武をやるとの事なので、急いで着替えて向かいます。

さて玄武と言えば目玉商品はもちろん、ゼニスミトンの素となる海霊の免罪符:両手でしょう。今回希望者はりーすと、LSの中でも特に親しいフレの2人。これは負けられない( ^ω^)
戦闘ですが玄武は四神の中でも最弱と言われています。
物理は通りが悪いのでマラソンしながら精霊でフルボッコにする戦法です。はっきりいって磐石過ぎて何も言う事ないので割愛します。

気になるドロップは・・・

Genbu0723.jpg

ででで、でよったぁぁぁ!!!Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)
さりげなく劇毒も出てるしこれは良ドロップですね。

さて・・・(´_ゝ`)

空の庭園で黒魔道士が二人・・・・・・。

勝負でしょう。


フレのロットイン→海霊の免罪符:両手に148pts.

チャンス・・・ッ!!!!
いやいや・・・ぬか喜びはダメだ・・・ここでヨユーで2ケタもありうるそれが・・・りーすクオリティ!
あああどうする!?どうすればいい!?まず7つのドラゴンボールを集めて神龍にロット勝ちできるようにお願いしないと!

ただロットするしか道がないのに何テンパってんのこの子(;^ω^)
とにかく落ち着いてロットを。そう・・・
ikegami.jpg

そう、落ち着いて・・・。

カーソルを合わせて・・・。

左手は添えるだけ・・・。

りーすのロットイン→海霊の免罪符:両手に220pts.

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(*゚∀゚)!!!



ロット運の無い黒魔道士はゼニスミトンを入手できるのか!?

出来る!!

出来るのだ!!!!


・・・低レベルな争いでしたけど。




興奮冷めやらぬ翌日曜日。
今日はお昼過ぎからクエスト「世界に在りて君は何を想うのか?」に陛下で参加する予定です。体温計の37.8度という表示は故障したんだと思い込んでおきます。

この時はもう・・・体調もヤバいし、決して難易度の低いBCではないのでSSとか1枚も撮れなかったんですが、よく考えたら多大なネタバレなので結果オーライでしたね。

イベントLSに18人が集まり、6人ずつ3PTでそれぞれ攻略するみたいです。恥ずかしい話、実は私ずっとこのBCは18人制限かと思ってました。

我々の班の構成は忍/戦・モ/忍・狩/侍(私)・白/黒・赤/暗・コ/白で、1度全滅して建て直しを図ったものの、問題なくクリアできました。
ネタバレ回避のため詳しくは言いませんが、ワープしながら攻撃してくる1体目をクマタンで封殺しながらいかに早く仕留めるかがポイントです。問答無用の百烈拳と、ワープを問題にしないサイドイーグル乱れ黙想での一斉掃射がやはり極めて有効でした。

もう一つのPTもクリアしたようです。が、最後のPTがなかなか苦戦していて、何度も失敗してしまいます。構成は忍暗侍白赤吟のようで問題なさそうなのですが・・・。2アビ前提のBCなので終わった人たちがコルセアマラソンを繰り返して、何とかクリア出来ました。皆クリアできて良かった。本当に良かった、これで報酬の話を誰はばからずできる( ^ω^)

このクエストの報酬、通称「世界耳」は神威と同じく4種類からの選択制で、その性能はというと

電界の耳[耳]MND+2 魔法防御力アップ+2 マジックバーストダメージボーナス
磁界の耳[耳]MP+20 コンサーブMP+5 詠唱中断率8%ダウン ヒーリングMP+1
幽界の耳[耳]HP+15 攻+5 回避+5 被ダメージの3%をMPに変換
虚界の耳[耳]DEX+2 命中+3 飛命+3 魔法剣ダメージ+3


こんな感じ。ほぼ素破一択の神威と違って、なかなか悩ましいラインナップ。虚界と磁界で非常に悩みましたが、
Magnet0723.jpg

こちらを選択しました。
赤、黒で活躍してくれそうです。



あれれ、なんか後半はすごく真面目で大人しい記事になっちゃいましたね。本当はその後夜にプロマシアM「みっつの道」のBC「迎え火」「なにゆえにその子は」をクリアしてきた事もですね、面白おかしくウィットに富んだ抱腹絶倒のGAGを交えながらご紹介したかったんですけどね。

今日は体がだるいから見逃してやる。お前ら命拾いしたな。

テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム

空LS活動

週末って・・・すでに今週末が近いんだが?

りーすです。

本当はフリーズII習得後の黒ソロなんかをまとめようかと思ったんですが、魔笛が奪われてサンクションがリセットされたので俺の怒りが有頂天に。

Lv8実装後はLv8の襲撃を何度か受けて敗退、という流れが続いています。今後しばらくもその傾向が続くでしょう。魔笛を奪われる事それ自体はゲームとしては至極自然で構わないと思うのです。「さあ諸君、死んだり死なせたり、殺したり殺されたりしよう」と、これでいいと思うのです。
ですがLv7,8ともなってくるとビシージがもはや「気軽に遊べるコンテンツではない」というのが、りーすは非常に問題だと思うんですよね。進軍待ち時間(待ってないとアルザビから弾かれる)+実戦争時間でゆうに2時間かかるとかはザラじゃないですからね。
「純粋にアルザビを、魔笛を護りたい」「(何らかの都合で)PTするのが難しいので経験値はありがたい」という方々であればさほど苦痛ではないのかもしれませんが、りーすなんかは「たかだか経験値と戦績1800のために2時間も費やせねーよ」派です。
黒ソロ・メリポはともかくレベル上げは旧エリアの方が好きなので魔笛にさほど執着ないし、経験値欲しかったらさっさとPT作るぐらいの行動力は持ち合わせてるつもりですし(そもそも「好きなジョブはレベル上げで楽しみながら経験値を稼がないともったいない」と感じます)、もちろん恩恵は受けてますから魔笛なんかどうでもいーぜ、ってワケではない(黒ソロに行く時は必ずハルブーンの古鏡にダメージ与えて行きますし)のですが、ゲームとして考えて割に合わないんですよね。

前々から思ってたのですがそもそも「防衛状況で敵の攻めてくるレベルが確定してる」のがよろしくないのかと。
敵の進軍レベルはHideして、いつ何時、何レベルで襲ってくるかわからない、というほうが深みが増すんじゃないかなぁと。
レベルは進軍開始時に判明。進軍開始時以降にアルザビにエリアチェンジしたときに「ビシージの参戦意思」を確認され、Yesと答えた人以外ビシージ開始時に強制的に白門へ飛ばされるようにするとか。これなら参戦意思がなくアルザビに放置などされてる人を排除できますし、進軍開始しないとビシージの参戦表明ができない仕様ならば「今回はレベル低くて時間かからなさそうだし、参加するかな」といったような判断を下してからでも間に合う可能性が高くなるでしょう。
あと時間的都合を考慮して途中退場でも経験値、戦績獲得できる(ただし通常の半分まで、とか)ようにすれば、気軽さが増していいコンテンツになると思うんですが・・・。□eがビシージを気軽なコンテンツを捉えているかどうかは知らないですけどね。

ただ、これは極個人的な感想ですがハッキリ言って「ビシージ防衛戦自体が面白くない」んですよねりーすにとって。
誤解と批判を恐れず暴言を吐きますが、ビシージって「他と比較して自分がどれほど能力的に貢献してるか」を実感できない、所詮「大勢の中の一人」になってしまうので、自分のスキルや装備なんかの能力にある程度自信を持ってプレイしてる側としてはカタルシスも何もない。適当な能力で適当にプレイしてる人と十派一絡げなのが正直面白くないんですよ。「魔笛にはお世話になってるから、苦痛だけど協力するか」なんて発想になってしまいます。それでも上記のようなシステムになればかなり好感度UPなんですが・・・どうでしょうかね。



・・・さて余談のつもりがえらい事脱線しました。
本題です。先週末の土曜日はでの活動でした。りーすは黒/赤で参戦。ロメを通過してるあたりでフレから「マザー(Mother Glove:青龍トリガー)全滅して取られた」というtellが。アチャー・・・。所詮トリガーNMと侮る事なかれ、気を抜くとあっというまに瓦解するようなツワモノも多いので仕方ないのですが、負けた上に取られる屈辱はハンパじゃないです。まだ空に到着してなかったのに大きなこと言うのもアレですが、この経験が皆をより引き締めてくれれば、と思いましょう。
その後、Zipacna(玄武トリガー)がなんと放置されてるようなのでヴェ・ルガノン宮殿へ。こいつはゴーレム型のNMで、TPリジェネがある上にアイスブレイク、クリスタルレイン等の範囲攻撃を広範囲に撒き散らすのでなかなか厄介な敵です。黒がエリアチェンジでヘイト消しながら精霊で撃破・・・とか考えていたようですが、なんか4人で古代とか撃ったら倒しちゃいました。

その間、わずか2秒!!!

・・・は流石にウソですが、1分そこらで倒せてしまいました。なんか拍子抜け。こいつは黒魔道士憧れの装備ゼニスミトンの免罪符を落とす玄武のトリガーであるため、皆気合入っちゃってたんでしょう。
次のNMまで間があるし(トリガーNMの半数程は「倒された後3h-4hの間にPOP」という条件です)、トリガーもあるので青龍をやろうという事に。そこで弱体投擲と影縫いのために、狩人の陛下にキャラチェンジして空に向かいます。
青龍は青龍篭手クリムゾンフィンガの免罪符を落とすので、狩人が何としても狙いたいNMです。私は両方とも持っているのですがLSのもう一人の狩さんがまだで、ずっと欲しがっているのでドロップに期待。空での狩人は広域によるNMサーチ、影縫いでの釣り、HNMの2アビを影縫いで無力化する等本当に仕事が多く気の休まる暇がないほど大変なので、何とかゲットさせてあげたい!
さて前衛やウィズインを撃つ人たちがTPを貯め、いざ青龍の待つフィールドへ。詩人さんからプレプレをもらい、いざトリガーをトレード!
まず狩人の仕事は弱体投擲を当てることです。ル・オンの庭におわすHNMいわゆる四神たちは、通常攻撃に強烈な追加効果を持っています。数百ものダメージを与えてくる追加効果なのでいかな頑強なナイトでも耐え切れるシロモノではありません。そこで各HNMに対応した投擲武器を当てる事で、この追加効果をその後一切発動しないようにするのですが、毎度の事ながらかなりのプレッシャーを感じます・・・。まあ、当然当たりましたけどね。

Seiryu071801.jpg


その後はチクチクと削りながら青龍の恐るべき必殺技、百烈拳の発動を固唾を呑んで待ちます。これを影縫いで無力化するのが狩人第二にして最大の仕事。縫うのが早すぎると前衛が攻撃ストップするのが間に合わず影縫い解除、待ちすぎるとナイトが一瞬で沈むのでタイミングも重要です。今回は狩人二人のため、1回目の影縫いをもう一人の狩さんが無事成功させ、切れたところにすかさず私が打ち込みました。
この2つの仕事のためだけに来たので装備とか適当過ぎたのは確定的に明らか。ということで選手交代(`・ω・´)

黒のりーすに変わってきた時点で青龍のHPは既に残り3割少々。途中参戦だからヘイトも稼いでないのでいきなり全力で行きます。

Seiryu071802.jpg

Seiryu071803.jpg

フレの話だと古代2は1振りの段階では4系より命中率が低い(初耳だった!)らしいので印を使いましたが、HNM相手に十分なダメージが出るじゃないですか!ちょっと感動です。
百烈拳を凌ぎさえすればあとは安定そのもの。強大な青龍も我らの手に落ちました。余談ですが「ブルードラゴン ラルΩグラド」も打ち切られました。
そしてなんと!

Seiryuは、青龍篭手を持っていた!
Seiryuは、真龍の免罪符:両手を持っていた!


おおお。
小手とフィンガ両方ドロップしましたよ。ようやく狩さんが小手を入手できました。そしてクリムゾンの方も希望者おらずフリーでゲットされていました。

狩「ブラッドフィンガゲット^^」

ちょ、既に「祟られた」方の呪物を持ってるとかwwwww
用意良すぎだろ常考・・・ともあれ本当におめでとう!

続いてFaust(朱雀トリガー)のPOPが近いのでファウスト打倒とロ・メーヴの水(玄武トリガーを沸かせるトリガー。神殿のツボがごく稀に落とす)を狙う2班に分かれました。
ファウスト側には多少ライバルがいましたが見事釣り勝ち。水も短時間で何と2つもドロップしちゃいました。

「侍さんのサポシすごいね^^」
「戦士のサポシもね^^」

シーフ「そうだねー・・・おいィ!?」

どこのLSにもネタキャラはいるものですね。何故かものすごい安堵感を覚えます。
活動終了時間が近づいてきましたが先ほどの水を使ってNMを倒してしまう事に。全員集合の中りーすは一人進路の先に向かい、先ほど全滅の憂き目にあったと言うマザーの所在を確認。
討伐隊の方がNMを倒したあたりで丁度降臨なされました。こいつにリベンジして終われば、本日の活動はメデタシメデタシ、です。

さてこのMother Gloveですが、本体には強烈なショックスパイクが常時発動していて、近接攻撃はとても行えません。さらに一定間隔でSlave Gloveを召喚してきます。
そこでナイトがグラビデをかけた本体をマラソン、黒・狩で本体を攻撃、前衛は召喚された子供を即潰すというのがオーソドックスな戦法です。
うち以外にライバルLSも集結しだしたので、即釣り!無事部屋に引っ張り込んで戦闘開始です・・・が、グラビデ入ってないよ?このままじゃナイトがやばい!

赤「ぼーっとしてたらとりのこされt」

ちょ。
迷子スキル上げは他所でやってくださいね^^;
グラビデを使えるのは黒/赤のりーすのみ。

や る し か な い 。



やれました。
レジストが1回あったものの、あとは安定してグラビデが入ったので、大崩れすることなく撃破!弱体スキル267+風杖HQで一応大丈夫なようです。ソロ用に強化した弱体がこんなところで功を奏すとは思いもよりませんでした。しかし滅茶苦茶ヒヤヒヤしましたよ・・・こんなことはこれっきりにしていただきたい。

結局トリガー5個と青龍からの良ドロップで、りーす到着前の全滅も、物理的にも精神的にもリベンジできたと思うので今回の活動はなかなかホクホクでした。

他、週末いろいろやったんですが、長くなりすぎるので割愛。
できれば次回アップしたいと思います。

テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム